物販でプラス50万サロン

 

 

こんにちはサロンの学校 栃尾です。

 

 

最近、サロンの学校 物販チームの勉強会が続いています。

 

 

皆さん、初めは物販苦手でした。

 

 

というより「買いたい」意志がある人にだけ売っていた

 

 

というお客様任せの経営をしていたのです。

 

 

しかし、
今や、ボディサロンだろうが、
バストサロンだろうが、何屋さんかは関係なく、

 

 

「フェイシャルの基礎化粧品」を売りまくっています。

 

 

今までも同じように、基礎化粧品を置いていたのに、
その時は売れなかった。

 

 

しかし今はバカ売れしている。

 

 

この違いは何だと思いますか?

 

 

実は売れる法則はとても単純。

 

 

1「商品力」


自分が「これだ!」と惚れ込んだ商品を取り扱っているかどうか。

 

 

何となく良さそうだから、他のサロンで人気があるから、
他のサロンがいいと言っていたから、流行り物だから。

 

 

このような物に手を出しているうちは大きな売上は作れません。
一度買ってもらってもリピされませんから。

 

 

「商品力」は前提です。

 

 

〇実績
〇権威性
〇口コミ
〇理由
〇必要性

 

 

これらが揃って初めて「売りやすい」商品と言えるのです。

 

 

貴女が取り扱っている物は如何でしょうか?

 

 

売れない物を売っても売れませんよ(*^^*)

 

 

2、「販売力」

どれだけ良い物でも、拡散出来ない物は、知れ渡りませんので売れません。

 

 

ではどうやって売りますか?
インスタ、サロン、イベント、紹介・・・

 

 

色々方法はありますが、
載せれば売れるわけではありません。

 

 

その素晴らしい商品を「どのようにアピールするか」

このアピール力こそが物販を拡げる鍵となります。

 

 

が!!ご存知のように、8月より「薬機法」がかなり厳しくなりました。

 

 

今までとは次元がことなるそうです。
会員サイトやLINEなどにも覆面が入り込んでいるようです。

 

 

私も、HPをリニューアルをしようと思っていますが、
少しの油断によって罰金数百万という事例が出ておりますので、
下手な事は書けません。

 

 

知らなかったでは済まされない状況です。

 

 

サロンにとって、
かなり厳しい状況になっているからこそ、
勝ち残るサロンと負け組サロンの差がまたでてしまいます。

 

 

物販が売れないと、結果が半減しますよね。
結果が出ないサロンにはリピートしませんので、当然、永遠集客依存のサロンになるわけです。

 

 

私が物販サポートさせて頂いているサロン様は
「商品に惚れこんでしまった」。

 

 

そして、仲間と意見を出し合いつつ、頭を使い、この厳しい薬機法の中でもバカ売れサロンへ変貌した。

 

 

要するに物販力とは・・・

 

 

「商品」×「頭」なわけです♪

 

 

どれだけ良い物でも、売れなければ負け組です。

 

 

物販が売れると楽しいですよ♪
施術に比べ利益が少なくても
喜ばれるから遣り甲斐がでますし、
身体を使わない自動収益が増えます。

 

 

「身体を使わない収益」
これが一番欲しくないですか?

 

 

売上でいう+@の部分にも目を向けていきましょうね!

 

 

間もなく、サロンの学校の新規生を人数限定で募集致します。
2022年は+50万を目指しましょう!

 

 

 

それでは本日はこの辺で☆

 

 

 

 

 

プロフェッショナルセラピストの育成~サロン覚醒プログラム
4日間の無料動画はコチラ↓
https://48auto.biz/shion-salonjuku/registp/entryform16.htm

 

 

「サロン覚醒プログラム」個別相談説明会は↓
https://landingpage.salon-jyuku.com/thanks-maninsalon/

 

 

 

 

 

お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ♪

 

 

 

 

 

【お知らせ】

 

クオリティが高すぎる
サロン専門【HP・LP制作について】
11月は残り様 募集

お陰様で大好評の制作サービスです!
他の制作会社との違いは下記をクリック♪

サロン専門 HP制作